今回はJBCレディスクラシック2018ラビットランなど前走振り返り分析を中心とした記事を書いていきます。

 

前走のブリーダーズGCを圧勝したラビットランが人気の中心になってくる今年のJBCレディスクラシック。

クイーンマンボ、プリンシアコメータ、フォンターナリーリのブリーダーズGC上位馬も人気を集めてくる1戦だが、果たして前走2着に4馬身差と圧勝のラビットランとの差を詰め、巻き返しは期待できるレースになるのか!?

牝馬の熱い注目の1戦を前走を振り返りながら予想してきますよ!!

 

 

JBCレディスクラシック2018 枠順

 

まずは、確定した枠順がこちら。

1枠2番 フォンターナリーリ

2枠3番 クイーンマンボ

2枠4番 ラビットラン

5枠10番 プリンシアコメータ

上位人気馬が予想される各馬は内枠に固まった配置になりました。

 

京都競馬場1800mの枠データを見ても内枠、外枠の有利不利もほぼない印象ですから、枠順は気にしなくてもいいと思ってます。

人気馬が内枠に固まるのは正直面白い枠配置ですねww

 

 

それでは、本題の前走を振り返って予想をしていきます。

 

 

JBCレディスクラシック2018 ラビットランなど前走振り返り

 

ラビットランの前走は門別競馬場で行われた地方交流重賞のブリーダーズゴールドカップ。

ブリーダーズGCにはJBCレディスクラシックに出走するラビットラン、プリンシアコメータ、クイーンマンボ、フォンターナリーリ、ブランシェクール、ラインハートも出走したレース。

 

今回の出走馬が6頭もいますから、前走の分析は非常に重要になってきますよ!!

 

前走のブリーダーズGCはダート2000mの1戦。

ラビットランが2着のプリンシアコメータに4馬身差と圧巻のパフォーマンスで勝ち切ったレース。

 

赤丸が1着ラビットラン

青丸が2着プリンシアコメータ

緑丸が3着クイーンマンボ

 

不良馬場で行われた1戦で、スタート~1コーナーに入るまでで隊列は決まり。

スタートから逃げるプリンシアコメータ、先行外目4番手追走のラビットラン、中団前目のクイーンマンボ。

ちなみに、フォンターナリーリはプリンシアコメータの番手で競馬。

 

 

道中もこのままの隊列でいき、3コーナーの入り。

 

まだまだ逃げるプリンシアコメータの後ろにフォンターナリーリ、3コーナーに入りここから追い上げるラビットランのすぐ後ろにクイーンマンボ。

 

ラビットランはこの位置なら追い出しも楽ですし、道中も包まれる事もなくスンナリ競馬。

3コーナーの中頃から追い上げていき、4コーナーから直線に入る時には先頭に。

すぐ後ろにいたクイーンマンボも追い出しを始めるも、ラビットランには追いつけず・・・

 

 

直線では、もうラビットランの独走状態・・・

 

ここから更に後ろを突き放し、逃げて2着にプリンシアコメータに4馬身差の快勝と圧巻のパフォーマンス。

ただこのレースはラビットランも圧巻のパフォーマンスだが、逃げたプリンシアコメータも3着のクイーンマンボには3馬身差と逃げて強しの内容だった。

ここは勝ったラビットランが強かったと言うしかない1戦で、今回のJBCレディスクラシックでそう簡単に埋まる差ではないと思いますよ。

 

ここはラビットランの逆転候補を見つけるなら別路線組しかないかなと。

正直、ブリーダーズGC組の逆転はここでは厳しいと見ていますよ。

 

ラビットランの不安点は無いのか!?

 

前走以外も見ましたが、正直見当たらない・・・新馬戦では京都ダート1400mを7馬身差の快勝。

2017年には500万下で京都ダート1800mで6着と不甲斐ない結果に終わってはいるが、苦手舞台とは判断出来ない1戦で、最後は伸びに欠いた走りと状態面に不安があったのかと思わせる内容。

そこからは芝に転向しローズSでは見事な追い込みで勝ち切り秋華賞でも4着と健闘した1戦。

今年のヴィクトリアマイルでは13着と大敗の1戦だったが、次走の地方交流重賞のスパーキングLCでは3着。

前走のブリーダーズGCは圧勝と芝の適性もある1頭だがダートの適性も高いと見ていいでしょう。

今回の京都ダート1800mは久しぶりの京都だが、問題は無いと見ていますからここは状態面に不安も無いですから好勝負の1戦と見ています。

 

いやー正直、人気の1頭で軽視したい印象でしたがこの馬は普通に重視して考えた方が良さそうですよ。

 

もう1頭、人気のプリンシアコメータも軽視は出来ない印象で重視で考えたい1頭。

この馬もブリーダーズGCは離された2着だが、逃げても十分やれた1戦で前走のLプレリュードでは先行競馬で見事勝ち切っている1頭ですから、ここも侮れない1頭ですよ。

 

いや、もう堅い決着も考えられる1戦とも見ていますよ・・・

 

 

 

JBCレディスクラシック2018 まとめ

 

ここまでざっとですが、ラビットランの前走を振り返って見ましたが、ラビットラン、プリンシアコメータは重視して考えてる2頭で、この2頭決着も十分ある1戦で堅い決着も考えている1戦。

 

過去の結果からも2017年は波乱決着の1戦だったが、波乱があったのはこの年のみで中々堅く決まる事の多い1戦で波乱傾向は低いレース。

初の京都開催にはなりますが、そこまでの波乱は無いと見ていますし今年は堅く決まる印象もあります。

買い方の工夫は必要になって来そうな1戦とは見ています。

 

しかし!!穴馬は抑えたい・・・

 

頭は正直厳しそうだが、この馬もここでも十分やれてもいいと思う1頭で同型との兼ね合いもあるが、この枠ならこの馬が逃げるでしょうから逃げて前残りで期待している1頭です!!

 

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

穴馬に特化し、コストパフォーマンスにも優れる
競馬情報会社遂に無料登録者募集開始!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この穴馬高配当というサイトはかなり厳しいオッズ管理があり、

「限定30名」の方しか無料登録することすらできない。

という入会チャンスがきたら”確実に!”
登録しておいたほうがいいサイトなんです。

馬券代は「最小」配当は「最高」

限界までコストパフォーマンスを突き詰めたことにより
人気が爆発…。一時期はオッズの低下が目立ち無料登録を締め切ることに。

しかし、今回限定30名様ではありますが募集を再開したのです!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

無駄な馬券代は一切使わず、限界まで情報精査を行い

【 土日で一気に稼ぐ! 】

穴馬を当てて高額配当を手に入れたい、本気の方のみ。

お待ちしております。

◆ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

競馬業界で穴馬を的中させて高配当を得ることができるのは

「穴 馬 高 配 当」のみ。

今話題の副業に最適な情報をお届けします。

今週は「JBCクラシック」の情報などを独占配信!

▼登録は無料!限定30名様!▼

The following two tabs change content below.

キョウ

競馬歴 11年 ディープインパクトが引退した年に競馬始めました! あの強さを見せられて競馬って面白いってなり、そこから競馬にどっぷりですw 初めて買った馬券もディープインパクトを買ったのを覚えてます!