今回は東海ステークス2019穴馬予想・過去レース振り返り分析についての記事を書いていきます。

 

中京競馬場も開催で今週から3会場で競馬が行なわれ、今年初のダート重賞が東海ステークス。

ダート重賞1発目と言う事で、ここは今年のダート路線を占う上でも的中させたいですね。

インティ、チュウワウィザード、アンジュデジールなどが人気の中心になりそうだが、果たして人気馬決着の堅い決着なのか??

又は、穴馬が台頭してくるレースになるのか!?

過去レースを振り返ってどの馬が好走してくるのか!?しっかり分析していきますよ。

 

 

東海ステークス2019 予想オッズ

 

まずは、予想オッズを紹介します。

 

1 インティ      2.0

2 チュウワウィザード 3.5

3 アンジュデジール  4.7

4 スマハマ      8.0

5 クインズサターン  14.9

ここまでが上位人気に推されそうな各馬。

 

インティは抜けた人気を集めそうで、ここはオッズ的に考えると積極的には狙いたく無いかな。

しかし、この馬前目に行って相当いい脚を使いますからね・・・軽視は出来ないでしょう。

勝ち切ったレースは全てぶっちぎりで勝っていますから、ここで重賞初制覇か!?

 

チュウワウィザードも侮れなく当然有力馬でインティと比べても引けを取りませんよ。

 

予想オッズをみると、人気馬決着も十分ありそうにみえますよ・・・

 

過去10年の人気別データを見てみても、

1番人気【4-1-2-3】

2番人気【2-1-0-7】

3番人気【1-3-1-5】

4番人気【3-0-1-6】

勝ち馬は4番人気以内の人気馬で決まっています。

正直、今年も勝ち馬は人気馬になりそうですよ・・・

 

しかし!!

 

勝ち切るのは人気馬でも、2.3着に穴馬の台頭は十分あるレース!!

昨年は、2着に13番人気の二桁人気馬。2017年も2.3着に12.10番人気馬と二桁人気馬の人気薄が台頭。

2016年は4番人気が勝ち切り、2.3着も人気馬と堅い決着でしたが、穴馬の台頭がありそうなレースだと思いませんか??

 

「今年も二桁人気馬が必ず台頭してくる!!」とは言えませんが、穴馬は抑えて置くべきレース。

 

どの穴馬が台頭してくるのか!?過去レースから振り返りしっかり分析していきますよ!!!

 

 

東海ステークス2019 過去レース振り返り分析

 

まず、2018年はテイエムジンソクが好スタートから逃げ切り勝ち切ったレース。

 

テイエムジンソクが楽に先頭を切ると2着馬のコスモカナディアンは道中、中団前目での競馬。

3着馬のモルトベーネは道中テイエムジンソクの後ろ2.3番手で競馬を進めます。

 

道中、コスモカナディアンは8番手辺りで競馬していますが、位置を押し上げていき、内目の4番手まで位置を上げていきます。

4コーナー抜けた直線を向いたときの各馬の位置がこちら。

赤丸 テイエムジンソク

青丸 コスモカナディアン

緑丸 モルトベーネ

 

コスモカナディアンもモルトベーネも道中は内目追走で直線は好位置に。

 

このまま逃げ切ったテイエムジンソク、コスモカナディアンも最後はテイエムジンソクを交わせず2着。

 

3着は接戦でしたが、追い込んで来る各馬を先行したモルトベーネが粘りクビ差3着。

2着とは6馬身差と差を付けられました1戦ですが、このレースを見ると逃げ、先行有利で、追い込み馬には厳しいレース。

 

道中も、内で競馬していた馬の台頭ですから、内で上手く立ち回れる馬は注意が必要か。

 

 

2017年はグレンツェントが差しきったレース。

 

勝ち切ったグレンツェントは道中6.7番手の外目で競馬・・・2018年とは違いますね。

 

2着には2018年も好走のモルトベーネがインの3.4番手で競馬し2018年とほぼ同じ競馬。

 

目を引いたのは3着馬のメイショウウタゲですよ。

スタート直後は14番手辺りの後方にいた馬ですが、道中空いている最内から一気に位置を上げ、最内の9番手と全くロスの無い好位置に。

 

後方待機の追い込み競馬では中京1800mは相当厳しいですからね。

 

4コーナーから直線では上位馬はこの位置。

赤 グレンツェント

青 モルトベーネ

緑 メイショウウタゲ

 

グレンツェントはこの位置から見事差しきり、2着のモルトベーネに半馬身差と勝ち切った。

モルトベーネも2年連続で先行競馬で好位置から同じ競馬で2着は適性が高い証拠だろう。

 

3着のメイショウウタゲは空いた最内をスルスルと伸びて来たのは素晴らしい競馬だった。

 

最内を突いて来るのは中京1800mでは理想の競馬で台頭する可能性が上がるでしょう。

揉まれて追い出せない・・・とリスクはありそうですがね。

 

 

2016年は先行したアスカノロマンが勝ち切ったレース。

 

逃げるモンドクラッセ、2番手の位置にアスカノロマン、4.5番手内では3着馬のロワジャルダン。

 

前で競馬した2頭で決着と2018年の競馬と良く似ていますよ。

 

最後の直線での位置もこの通り。

赤 アスカノロマン

青 モンドクラッセ

緑 ロワジャルダン

 

2018年と被りますね。

 

アスカノロマンは2着馬のモンドクラッセに2馬身差の快勝、ロワジャルダンはこの2頭に3馬身半離された3着。

 

前で楽に競馬をすると、このレースはそのまま前目決着濃厚と見た方が良さそうですね。

 

 

東海ステークス2019 まとめ

 

ここまでサッと過去レースを振り返って来ましたが、逃げる馬と番手で競馬する馬には今年も注意が必要でしょう。

 

・・・インティは軽視出来ませんよ。

勝ち切ったレースは全て前で競馬していますから、今回の東海ステークスも逃げるか番手での競馬濃厚。

ここをサッと勝ち切ってしまうことも十分ありますよ。

 

チュウワウィザードもここまで前が有利だと前目の競馬になりそうで、インティを見ながらの競馬になりそう。

 

アンジュデジールもインティを見る競馬になりそうで、前目の位置を取って来るでしょう。

 

今年の東海ステークス、前に行きたい馬が揃った1戦ですねww

 

他にもモルトベーネも3年連続で前目の好位置で競馬したいでしょうし、サルサディオーネも当然前にいくでしょう。

2016年に勝ち切っているアスカノロマンも前での競馬が理想でしょうね。

 

ここまで前に行きたい馬が揃っていると、差し競馬でインを付いてこれそうな馬を狙ってみたいです!!

 

人気馬は前目の競馬を選択してきそうで、インティが楽に前にいくなら馬券内は堅い印象ですが、穴馬でこの馬も面白い1頭になると思いますよ!!

 

この馬⇒ 人気ブログランキングへ

 

道中も内目をロス無く競馬出来るなら、この馬が突き抜けても不思議はないですよ。

舞台適性も申し分ないですから、人気もしてこない1頭になりそうなら穴馬として狙いたい1頭です!!

 

【PR:100万超えの配当を連発する競馬予想】

”勝てない競馬はもうやめにしませんか?”

----------------------

【最高のIT技術】を駆使して

帯封超えの的中を量産しているサイト!

先週も帯封馬券を含む高額配当を多数的中!

◆◆近走の ”大万馬券” お届け実績◆◆

2019-1-6
中山12R[4歳上1000万]
3連単:10-11-03
獲得金額 1,344,400円!

----------------------

圧倒的実績を誇る俺の競馬が今週も

「AJCCの予想」

を、無料で公開することが決定!!!

■登録方法は超簡単!

※メールアドレスの登録のみで簡単に無料登録できます。

※スマホの場合はQRコードを読み取るだけで簡単に登録できます。

↓↓↓無料登録↓↓↓

重賞レースの無料予想を今週から受け取る

The following two tabs change content below.

キョウ

競馬歴 11年 ディープインパクトが引退した年に競馬始めました! あの強さを見せられて競馬って面白いってなり、そこから競馬にどっぷりですw 初めて買った馬券もディープインパクトを買ったのを覚えてます!